あなたを守る、乳がんの早期発見

自己検診法で乳がんの早期発見を

乳がんは自分で発見できるがんです。早期発見であれば約90%の人が治癒します。
正しい自己検診法を身につけてわずかな変化を見つけられるようにしましょう。乳房は毎月生理周期に応じて硬さ・張りが変化します。毎日触る習慣を身に着け、最初の1ヶ月で自分の乳房の周期的変化を覚えましょう。その後は、毎月1回は気がついたときに行いましょう。入浴時に触るのをお勧めいたします。乳房はタオルで洗わずに素手で洗って下さい。

年代別の検診目安について

30歳から自己検診をはじめ、40歳からマンモグラフィ検診を受けましょう。
乳がんは30歳代から増えはじめ、40歳後半でもっとも発症率が高くなります。そのため、30歳からは自己検診を行い、40歳からはマンモグラフィ検診をうけましょう。なお、30歳代でも、自己検診で違和感などを覚えたら、乳腺科を受診しましょう。

該当の症状があれば医療機関で受診

右記のような症状がある場合、検診を受けるのではなく、乳腺の診療を行っている医療機関を受診してください。

*乳房にいつもと違う硬さやしこりがある。
*乳頭や周辺部に湿疹やただれがある。
*乳房がひきつれを感じる。
*乳頭がひっぱられる、もしくは向きや高さが左右違う
*乳頭から褐色あるいは血液状の分泌物が出ることがある。

乳がんは早期なら約90%が治癒します

 忙しい生活の中で、わざわざ病院で検診することは疎かになりがちです。しかし、乳がんの症状があって病院に行き、乳がんがわかった場合よりも、自覚症状がない段階で検診を受けて発見された場合の方が、早期癌が多く、乳房を残す温存手術ができる方の割合が高くなります。大切な乳房と健康を守るため、ぜひ乳がん検診を受けましょう。

年代別の検診目安について

20~30代のチェック

  • 月1回のセルフチェック
  • 乳房の主治医を見つけておきましょう
  • 超音波検査(主治医と相談して。通常は必要ありません)
  • マンモグラフィ(主治医と相談して。通常は必要ありません)

40代のチェック

  • 月1回のセルフチェック
  • 2年に1回:二方向撮影によるマンモグラフィ(1年に1回がよい時も)
  • 超音波検査が必要な場合も(主治医と相談)

50代のチェック

  • 月1回のセルフチェック
  • 2年に1回:二方向撮影によるマンモグラフィ(1年に1回がよい時も)
  • 超音波検査が必要な場合も(主治医と相談)

今日からできる、今日からやろう!乳がんセルフチェック

乳がん特集
乳がん特集

文章引用元・ご協力PINK CROSS(ピンクリボン大分)

http://www.pinkribbon-oita.com/
お問い合わせ先:濱田皮膚科医院内 PINK CROSS(ピンクリボン大分)
事務局 097-521-4144
E-mail:yuriha@fujita-hu.ac.jp

この誌面の文章、内容はPINK CROSS(ピンクリボン大分)様の全面協力で構成しております。もっと詳しく知りたいという方は、 PINK CROSS(ピンクリボン大分)ホームページをご参照してみてください。乳がんを実際体験された方のお話などもあります。